BEDWIN&THE HEATBREAKERS
BEDWIN&THE HEATBREAKERS

13A/Wの立ち上げは今週8月23日(金)です。
来月9月14日(土)にはLES COUREURS MENSフロアーにてIN SHOP展開が決まりました!
メンズだけでは無く、レディースや限定物の発売もありますのでご来店ください。
またBEDWINのホームページも2013A/Wに更新されましたので是非、ご覧下さい。

"NOW'S THE TIME"

俺達が知るアメリカンカジュアルとは何だろうか?
無地のTシャツにBDシャツ、デニムにチノパン。元々は下着であり、正装であり、作業着として生まれ、
軍服として開発された、生まれも由来も違うもの達が、いつも間にか普段着として定着し、アメリカンカジュアルと呼ばれるようになった。
シンプルで機能性があり、大量生産が可能であったこれらの物は、戦争を境に市民権を得た。
それは退役した軍人や金の無い若者達がサープラスで買ったりしながら、
それぞれをミックスすることで生まれたのだ。
そしてそうした新しいスタイルを最初に実践し、世に広めたのが戦後のアメリカを車で流浪し
ジャズに狂いながら新しい価値観を見出そうとしたビート。
アイビーの総本山で学んだ若い哲学者達は、新世界を目指してニューヨークから路上へと飛び出した。
そしてそれまでのしがらみから解き放たれる為に、
まとったものが今に繋がるアメリカンカジュアルなのだ。

13AWのテーマはジャズの神チャーリー・パーカーの"NOW'S THE TIME"
変革のときを歌い、バスキアがかつてその名を使い名作のタイトルにした曲。
しかし、それはブラックスーツに身を包み、ビ・バップを吹き鳴らしたそのスタイルを
服に落とし込んだものではない。
彼の音を聴きながら、路上へと自由に旅したビートのスタイルを
BEDWIN が今に合わせてモディファイしたものが本コレクション。
サープラス、アウトドア、そしてトラッドを自由に着こなした
彼等ビート達が今存在したら、どのようなスタイルを身にまとうのか?
40年代から存在した、今に至るアメリカンカジュアルのルーツはそのままに、
機能性やシェイプをアップデートし、現代のビートを表現する。
c0161972_17171290.jpg
c0161972_17172264.jpg
c0161972_17173377.jpg
c0161972_17174225.jpg

by revolution01 | 2013-08-21 17:31 | BEDWIN
<< BEDWIN&THE HEAT... FACETASM FALL... >>