sneakerwolf Kanji-graphy ART Exhibition “A”
sneakerwolf Kanji-graphy ART Exhibition “A”

LES COUREURS MENS 内にあるLUMP SENDAIのデザインを手がけ、東京を拠点に活動するアーティストアーティスト sneakerwolf (竹中 基) のシグネチャーアート"Kanji-Graphy/カンジグラフィ"シリーズの作品を集めたアート展"A"を
開催いたします。今回のアート展は、ARTISTとして"初めての個展"を意味するアルファベットの始まりである"A"。また、ARTISTとしてのATTITUDEを示す "A"。AGAINST、ALTERNATIVE、ABSTRACTなど作品に込められたメッセージである "A"。様々な "A" をテーマに製作した作品を発表致します。

LES COUREURS MENS(Revolution)
6.24/Sat ~ 7.9/Sun 11:00 - 20:00

*購入された方には数量限定にてノベルティを配布いたします。先着順になりますので、予めご了承ください。


the PORTER Gallery(クラチカ ヨシダ 表参道)
~6.18/Sun 12:00 - 20:00

東京都渋谷区神宮前5-6-8 TEL: 03(5464)1766


Kanji-Graphy/カンジグラフィ
江戸時代を発祥とし、火消し半纏や祭り、仕事半纏に見られるディフォルメされた伝統的な図案文字 "江戸文字"をルーツに、アルファベット(英単語、英文)の組み合わせによってKANJIを構築したsneakerwolfが独自に作り上げたアートスタイル。漢字(日本語)を意味するKANJI と 英語を意味するCalligraphy(英語)を組み合わせた造語として、"Kanji-Graphy/カンジグラフィ"シリーズと名付けています。愛すべき伝統、文化を、現代的な表現によって再構築することで、固定観念や旧態依然、先入観などの考えをなくし、自由でフラットな思考を与えることをテーマに製作しています。


sneakerwolf(スニーカーウルフ)/MOTOKI TAKENAKA
幼少期より、漫画・アニメーションという日本特有のカルチャーに没頭し、そういった作品群を模写することに養われたスキルを元に、作品作りをスタートさせる。その後も、スケートボードやグラフティアート等のストリートカルチャーや、浮世絵や江戸文字、日本画等の日本の伝統的な庶民文化に影響を受け、時代や国境を超えた独自のストリートな世界観を構築。その集大成とも言える"Kanji-Graphy/カンジグラフィ"シリーズを筆頭に、独学で描き続けることでスキルアップしたその作品の数々は様々な分野で高い評価を受け、NIKE,NEW BALANCEやASICSなどのスポーツブランドから、アパレルブランドへのグラフィック提供を始め、イラストレーション・サインペイントやウォール、SUPREMEのクリスマスウィンドウペイント等、フリーハンドによって描かれる様々なアートワークを提供し続け、世界を魅了している。



c0161972_20101167.jpg



by revolution01 | 2017-06-12 20:15 | お知らせ
<< M&M 家具 OFF-WHITE C/O V... >>